とりやまあきこのごろのこと
by toriyama-akiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
関連ホームページ
カテゴリ
プロフィール
築地場
つくば・MEMORIES
ケンチクのおしごと
ケンチク:イロイロのイエ
設計事務所あとりえ
絵を描くおしごと
その他のおしごと
日々つれづれ
食べ飲み笑い
そばに音楽
おともだち
携帯電話より投稿
ご連絡
子育ては自分育て
検索
画像一覧
ライフログ
以前の記事
2015年 07月
2014年 12月
2014年 05月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
さくらさく
4月3日のつれづれ。
f0088873_9312630.jpg
最愛の妹きょうこちゃんが大学生になりました。
入学式は東京国際フォーラムだったそうで、
きゅうきょ呼び出されて、昼からトリヤマ家に合流。
タクシーで千鳥ガ淵に移動して、桜をみながらぶらぶらさんぽして四谷方面へ。
f0088873_9331358.jpg
きょうこちゃんは髪を切ってすっきり。
「友達できるかな〜」って、どきどきしていました。
そっか、私もどきどきしたなー。大学1年生。もう9年前の話です。

でも、本当に大切な友達なんてそう簡単にはできるもんじゃない、
大学生活の中でひとりでもできたらそれで十分。

て、高校時代の国語の先生に言われ、
「あ、そっか、無理してつくるもんじゃないよね」
と気が楽になった記憶があります。

そこで、きょうこちゃんに贈る言葉。

「友達なんてできないよ」

あ、ちょっとチガウかな。

f0088873_9415667.jpg
この花はクレマチス。

午後、大崎にあるSFM(ソニーファシリティマネイジメント)本社へ。
今までも数回、エントランスの黒板に絵を描いていたのですが、
この春から正式に契約して、季節ごとに絵を描きかえていきます。
さっそく来週頭に、新緑をテーマに絵を描きにいきます。
どうしようかな。どきどきわくわく。


夜、カバンの人、行田さんが築地場にご来場。
http://koda-style.net/
葉山の工房でとってもステキなカバンを製作しておられるかたです。

6月頭頃に、築地場を会場にカバンの展示会を開催することになりそうです。
独立した当時の話をいろいろ聞かせていただいて勇気づけられました。
「今年一年は友達を1日1人作る心意気で」
はい。
今日のおともだちは行田さんです。
どうぞよろしく。
[PR]
by toriyama-akiko | 2006-04-04 09:57 | 日々つれづれ
<< 東京花見 安藤教授と対談 >>